パン

初めての 冷蔵発酵でミニネオパン

このところブログ更新がすっかり後回しになっておりました。

5月7日に遠赤外線クッキングヒーターが発売になったので
ミニネオパンの美味しく焼ける温度を探して
5日連続で焼いたりしていました。

初めは焦げてしまいましたが
焦げの部分をパン切り包丁でそぎ取って食べると
遠赤外線効果かしら♪
ものすごく美味しい\(^o^)/

パン好きなわが夫婦
焦げをこそげては
毎日完食しておりました( ̄▽ ̄)

5日目、朝から生地を作っていると
毎日見ていた夫が
「簡単そうだねえ。ワタシにもできそうな気がする」など言い出しました。

毎日1斤分ずつ完食しているのに
今日は2斤できてしまう( ̄◇ ̄;)

そこで 今までやりたかった冷蔵発酵に挑戦してみることにしました。
「冷蔵庫で8時間から12時間発酵させる」という話を聞いたような・・・
4時間も幅があって、アバウトな私向き♪

朝8時半ごろ夫が作った生地を冷蔵庫に入れ
時々様子を確認しました。
発酵しすぎてポリ袋から出てたりしないかしら?とドキドキ。

お昼ころに良い具合に発酵した後は
それ以上膨れることなく、夕方までそのままの大きさでした。

夜7時ころ、冷蔵庫から出した生地は冷たくて
ベタベタしないので扱いやすく
丸めてお鍋に並べました。
通常は1時間くらいで進む2次発酵が1時間半以上かかりました。
いよいよ焼くと・・・

なんと‼︎
今まで作った中で、一番きれいに美味しくできました\(^o^)/
『発酵に時間をかけると美味しい』というのは本当でした。
夫は「俺のパン」「俺のパン」と言い
絶賛しておりました。

遠赤外線クッキングヒーターでミニネオパンを焼く時
焼きモード5で焼くと上手にできる方もいらっしゃいますが
私は焼きモード4でちょうどよくできました。