スープ

元気をくれる♪メディカル 野菜スープ

この頃食べすぎてお腹が重い。。。と感じると
この本を出してきます。

植物は自分で動くことができないため、紫外線や外敵から身を守るために
体内に「ファイトケミカル」という成分を作り出すそうです。
(いかにも元気をくれそうな名前が素敵♪)
その「ファイトケミカル」には強力な抗酸化作用、免疫力を高める作用、発がん抑制作用など
とてもありがたい作用があるとのこと(*^◯^*)

なぜスープが良いかというと
そのありがたい「ファイトケミカル」は硬い細胞壁に閉じ込められているため摂取しづらいのですが
加熱することで細胞壁が壊されて、ゆで汁に溶け出し、吸収されやすくなる、とのこと。
ほお〜(*^◯^*)
その抗酸化力は生野菜の10〜100倍\(^o^)/
そう聞くとスープ飲みたくなりますよね(^^)

本に出ているスープは野菜にひたひたの水を加えてコトコト煮込んでいます。
今回は、無水調理のできるお鍋に野菜と少しの水を加えて加熱して
できたものを汁ごと保存しました。

材料

にんじん、かぼちゃ、玉ねぎ、キャベツ

水            100cc

作り方

この日はカレーパンランチに添えて、
味ぽんとオリーブオイルを混ぜたドレッシングをかけて食べました。

別の日には、野菜の種類は同じで
初めからひたひたの水・和風だし少々・ウインナーを入れて煮込み
味をみてコンソメを少し加えました。
当日よりも翌日、とても美味しくなっていました\(^o^)/

こちらの記事もどうぞ