薬膳

夏の薬膳

猛暑日が続いています。
体の中に熱がこもってしまい
だるくなったり、食欲が落ちてしまいがち。。。

今日は
昨日採れたなす、ピーマン、トマトなどを使って
夏野菜カレーを作りました。
テーマは
『体の熱を冷ましつつ 胃腸の調子を整え 気血を巡らせる』です。
欲張りすぎかしら。。。。。

体の熱を冷ましてくれるスイカ(夫の畑で採れました‼︎)
ほてりを癒してくれるヨーグルトとキウイ
体の熱と湿をとってくれるきゅうりを使ったキューちゃん
など添えてみました(*^◯^*)

調べていて意外だったのは
夏野菜なのに、かぼちゃには体を温める作用があること。
かぼちゃは気を補う作用もあるので
疲れやすい方や、冷房などで胃腸が冷えている方にオススメです。
また、ピーマンには心を穏やかにする働きがあるとのこと。
暑さでイライラしがちなこの時季に良いですね。

玉ねぎにも体を温める作用があります。
さらに、滋養強壮、気血を巡らせる、血栓を予防する
など、ありがたい役割を果たしてくれます。
その玉ねぎをたっぷり入れて作ります(*^◯^*)

材料

なす     細め3本

ピーマン   4個

トマト    中くらい1個、ミニサイズ6個

玉ねぎ    2個

かぼちゃ   200gくらい

豚肉     150gくらい

塩こしょう(お肉に) 少々

カレー粉   大さじ1

コンソメ(顆粒) 小さじ1

塩       小さじ1/3

お湯      1カップ

カレールー   大さじ3(生協さんの顆粒タイプを使いました。お好みのものを使ってくださいね)

作り方

⭐︎しばのキッチンで習った夏野菜カレーは
最後にお湯を加えたりせず、野菜の水分だけで作ります。
夫がこのほうが好きなので、我が家流となっております。

こちらの記事もどうぞ